{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

2021/09/30 23:59 まで販売

【対談動画付き、サイン本】五所純子『薬を食う女たち』

2,992円

送料についてはこちら

販売終了しました

著者:五所純子 / 出版社:河出書房新社 / 発売日:2021年6月22日 / 単行本:240ページ / ジャンル:日本文学 ******************* 書籍価格:1892円(税込) 特典価格:1100円(税込) (特典内容:朝吹真理子さんとの対談動画) ******************* 「からだがバラバラになるような作業でした。」ーー 『薬を食う女たち』の特典として制作した朝吹真理子さんとの対談で、五所さんは、こんな一言から本書を語り始めました。 文筆家・五所純子さん初の単著『薬を食う女たち』が、河出書房より刊行中です。 本作には、覚醒剤や大麻、睡眠薬…いわゆる「薬」を使った経験のある女性たちに著者が取材をし、その姿を丹念に描いた12の物語が収められています。 帯には、詩、ノンフィクション、ルポ(ルポルタージュ)、文学など、本作をさまざまに形容する言葉が並びます。 けれど、読み始めた途端、文体のうねりに絡め取られ、自分が読んでいるものはなになのかを考えずにはいられない混沌が続きます。 なぜ著者は、この書き方で女たちを描こうと思ったのか。 書き上げる過程で、どういう体験を得たのか。 今回コトゴトブックスでは、小説家の朝吹真理子さんを対談相手にお迎えし、五所純子さんにとっての『薬を食う女たち』に迫りました。 「私は小説だと思って読んだ」として本書を、そして著者である五所さんの心の動きを読み解いていく朝吹さんの語りと、誠実に言葉で応じる五所さんの佇まいは、『薬を食う女たち』をこれから読むみなさんの手引きとなり、広くは、ものをまなざす指標にもなることと思います。 【ご購入後の流れ】 ・ ご入金確認後、一両日中にスマートレターで書籍をお送りいたします。 ・ 対談動画の配信URLは、メールにてお送りいたします。 ★ 朝吹真理子さん『抽斗のなかの海』も併せてご購入いただいたお客様には、特典価格1,100円の重複分ををご返金いたします。返金の手続きについては、弊店よりメールにで別途ご連絡差し上げます。 hello[アット]cotogotobooks.com からのメールを受信できるように設定してください。 【ご視聴の注意】 ・動画はダウンロード不可です。ご案内したURLからは何度でもご視聴いただけます。 ・二次利用や第三者への譲渡はお控えください。

セール中のアイテム