{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

2022/04/12 23:59 まで販売

【対談動画付き、サイン本】寿木けい『泣いてちゃごはんに遅れるよ』

2,640円

送料についてはこちら

販売終了しました

著者:寿木けい / 出版社:幻冬舎 / 発売日:2021年12月16日 / 単行本:200ページ / ジャンル:エッセイ ******************* 書籍価格:1540円(税込) 特典価格:1100円(税込) (特典内容:佐藤友美さんとの対談動画) ******************* 寿木けいさんによる最新エッセイ集『泣いてちゃごはんに遅れるよ』が、幻冬舎より刊行中です。 「文章を書くということは、他人(一番近い他人である家族も含め)の人生を記憶に焼き付けておいて、都合よく切り取ったり、拝借して材料にするということだ」 巻頭でそう綴りながらも、本書に綴られる寿木さんのまなざしは常に清冽です。 家族やご近所付き合い、日用品、東京の土地土地にまつわる記憶のこと…。「やりくり」をテーマに、暮らしのなかで目にしたものや聞いたこと、肌や舌や鼻で感じたこと、そこから想起されたことを集めて繋いだものを読んでいると、彼女の、「生きることをひと任せにしたくない」という自分に対する律儀さが言葉の端々から立ち上がってきます。 そして寿木さんの書く文章は、まるで遠くから飛んできた矢のように、読む者の生活を折り目正しく整えるようです。 コトゴトブックスでは、本作に、『書く仕事がしたい』の著者・佐藤友美さんとの対談を添えてお届けしていきます。 『泣いてちゃごはんに遅れるよ』と、『書く仕事がしたい』。 タイトルからもジャンル(エッセイ集/ビジネス書)からも、通常の書店では隣り合って並べられることは(きっと)少ないこのふたつを繋げるキーワードは、「書いて、生きる。書いて、稼ぐ」。 大学卒業後は出版社に勤務し、編集者として働いていた寿木さん。趣味ではじめたツイッター「きょうの140字ごはん」の反響がきっかけとなり、2017年には初の自著を出版。「寿木けい」の筆名で書くことをはじめて、今年で5年になります。 いっぽう佐藤さんは、テレビ制作会社勤務を経て、ライターに転向。日本初のヘアライターとして数々の著作を上梓するかたわら、書籍ライターとしても活躍の場を広げ、ライター講座の講師として新たな人材育成にも精力的です。 エッセイスト・料理家として、かたやライター・コラムニストとして、書くことで稼ぎ、そのお金で生きるとはどういう日々なのか。それを続けていくために、なにが必要なのか。 きれいごとだけではない「書く仕事」を考え続けてきたお二人の対話を通して、あらためて文章に触れたとき、そこに書かれてあること以上のなにを受け取っていただけるのか、楽しみでなりません。 ★対談のみのご購入はこちらから。 https://cotogotobooks.stores.jp/items/61f9f0c6fd2e7320dd937116 【オンラインイベント詳細】 ★イベントは終了しました。購入者へはアーカイブ動画をお送りいたします。 ・日時:2022年3月12日(土)14時〜16時 ・配信:zoom ・ イベント視聴URLは、入金確認後の翌日にメールにてお送りいたします。 ※寿木けいさん『泣いてちゃごはんに遅れるよ』も併せてご購入いただいたお客様には、特典価格1,100円の重複分ををご返金いたします。返金の手続きについては、弊店よりメールにで別途ご連絡差し上げます。 hello[アット]cotogotobooks.com からのメールを受信できるように設定してください。 【ご購入後の流れ】 ・ 商品は購入翌日に発送します。(書籍はレターパック、動画ご案内はメールにて) ・動画はダウンロード不可です。ご案内したURLからは何度でもご視聴いただけます。 ・二次利用や第三者への譲渡はお控えください。

セール中のアイテム