{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

【シリーズ全巻サイン本】町田康『ギケイキ③ 不滅の滅び』

814円から2,640円

送料についてはこちら

  • ギケイキ③ 不滅の滅び

    ¥2,640

  • ギケイキ③ 不滅の滅び ※サインシールver.

    ¥2,640

  • ギケイキ① 千年の流転 ※文庫

    ¥814

  • ギケイキ② 奈落への飛翔 ※文庫

    ¥957

著者:町田康 / 出版社:河出書房新社 / 発売日:2023年11月14日 / 単行本:512ページ / ジャンル:日本文学 ********** 日本史上、屈指のヒーロー源義経を描いた古典『義経記』を、義経の一人称で語り直し、現代に甦らせた小説『ギケイキ』最新刊が、5年ぶりに刊行されます。 壇ノ浦の戦いで平氏を滅ぼし最大の功労者となるはずだった義経は、しかし顔のでかい兄頼朝と不和になったことで一転、京都から追われる身に。 大物浦から海に出て西国へ逃れようとするが、暴風雨で吹き戻され、天王寺を経由して吉野山に潜伏するも、ここで愛妾の静御前と別れることとなった。 よりによって「私、妊娠してるのよ!by 静」のタイミングで。 ……と、ここまでが2巻までの物語でしたが「不滅の滅び」と題された『ギケイキ③』の展開はいかに。 加齢による衰えか、メンタル的な問題か。お得意の早業が使えなくなった義経はすっかり落ち込んでいた。 そればかりか今や付き従う兵も僅かばかり。気力も湧かなくなってしまった義経を、しかし吉野は放っておかなかった。 義経が潜伏していることを知った吉野の法師・通称「吉野クズ」は緊急理事会を開催。「反・義経、親・鎌倉」の方針を固めて義経追捕に取り掛かる。 山中行軍に嫌気がさして軍を解散、奈良へ潜行する義経。
 四天王の一人、佐藤忠信の死。 頼朝をオルグする聖弘得業。 いっぽう静は鎌倉で男子を産み、産んだそばから殺害され、悲しみに暮れるもののスーパーバンドをバックに白拍子(ホワイトビート)で舞を舞う。 佐藤の変顔。弁慶の変顔。入道の変顔…。その変顔にいったいどんな意味があるのか…!? 今回コトゴトブックスは、『ギケイキ③』刊行を記念してサイン本を限定販売します。 続きものとしてはもちろん、単巻でも十分楽しめるのが町田語訳の凄いところですが、今回は特別に1巻2巻の文庫版のサイン本もセットで販売。現在刊行中のシリーズ全巻をサイン本でコンプリートしていただけます。 町田さんの直筆とともに、ギケイキの世界をお楽しみいただけたらなによりです。 ★コトゴトブックスで展開中、町田康さんの作品ラインナップもぜひ。 https://stores.jp/search?q=%E7%94%BA%E7%94%B0%E5%BA%B7&store=cotogotobooks 【ご購入後の流れ】 ・書籍は12月中旬以降、レターパックプラスでお送りいたします。発送完了メール受信後、到着まで中1日程度かかりますことご了承下さい。

セール中のアイテム