{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

【オンラインイベントチケット付き、為書き入りサイン本】小林エリカ『女の子たち風船爆弾をつくる』

4,400円

送料についてはこちら

※ 2024年7月上旬 発送予定

※小林エリカさん×鈴木涼美さんオンラインイベントチケット単品はこちら https://cotogotobooks.stores.jp/items/6621d95dd648d10030311e7c ※サイン本単品はこちら(為書き入りではありません) https://cotogotobooks.stores.jp/items/6621db9f3ef3060032bd1bdd 著者:小林エリカ / 出版社:文藝春秋 / 発売日:2024年5月15日 / 単行本:400ページ / ジャンル:日本文学 ******************* 書籍価格:2750円(税込) 特典価格:1650円(税込) (特典内容:6/29(土)鈴木涼美さんとの対談配信チケット) ******************* ──春が来る。 桜の花が咲いて散る。 小林エリカさんの最新長編『女の子たち風船爆弾をつくる』が、5月15日に文藝春秋より刊行されます。 第二次世界大戦中、女の子たちは東京宝塚劇場に集められ、風船爆弾づくりに動員された。自分たちが、いったい何を作っているかもわからぬままに。 本作は、膨大な資料や取材を基に、意図せず戦争に巻き込まれていく「わたしたち」の声を聞き取るように描く意欲的長編小説。 改行を重ねることで生まれる余白が読み手にいっそうの想像を羽ばたかせ、読むというより「体験する」という読書体験を得られます。 今回コトゴトブックスは、『女の子たち風船爆弾をつくる』為書き入りサイン本に、鈴木涼美さんとの対談視聴チケットを添えてお届けしていきます。 鈴木さんが最新作『YUKARI』で描くのは、源氏物語×歌舞伎町。 光源氏からみた多様な女の生きざまを描く『源氏物語』を題材に、「男によって顔を変える女の多面性」という切り口から、ひとりの女性が内包する狡さや怖さ、儚さを書簡体で立ち上げます。 戦争と源氏物語を、現代につなぐ。 そのアプローチ方法はいっけん異なりますが、見据える対象への視線の生真面目なほどのまっすぐさや、近代の営為において人間が蓋をしてきたものに対する執着という点を考えると、おふたりの創作には通じるものがあるように感じます。 初対談となるこの機会を通して、作品世界により深く潜っていくような時間を過ごしていただけたらなによりです。 そしてふたたび本を手にしたとき、あらたな気づきを得ていただけたら、そんなに嬉しいことはありません。 【オンラインイベントについて】 日時:6月29日(土)15:00~17:00 開催方法:zoomを使用します。 参加方法:スピーカービューに設定の上ご視聴下さい。 ・参加詳細は6月中旬頃に別途メールでお送りいたします。 ※hello[アット]cotogotobooks.com からのメールを受信できるように設定してください。 ※イベント終了後にアーカイブ動画をご案内いたします。 【ご購入後の流れ】 ・対談イベント視聴用URLおよび視聴方法は、6月中旬頃に別途メールにてお送りします。 ・サイン本は6月30日以降、レターパックライトでお送りいたします。発送完了メール受信後、到着まで中2日かかりますことご了承下さい。

セール中のアイテム