{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

2023/01/31 23:59 まで販売

【対談動画付き、サイン本】梯久美子『この父ありて 娘たちの歳月』

3,080円

送料についてはこちら

販売終了しました

※サイン本単品のお求めはこちらからお願いします。 https://cotogotobooks.stores.jp/items/635b41cc4b0839782580b377 著者:梯久美子 / 出版社:文藝春秋 / 発売日:2022年10月25日 / 単行本:280ページ / ジャンル:ノンフィクション ******************* 書籍価格:1980円(税込) 特典価格:1100円(税込) (特典内容:窪美澄さんとの対談動画※視聴期限なし) ******************* ーー成熟した目と手をもつ彼女たちが父を書くことは、歴史が生身の人間を通過していくときに残す傷について書くことでもあった。 梯久美子さんの最新作『この父ありて 娘たちの歳月』が、文藝春秋より発売されました。 「女性がものを書くとはどういうことか、ということに、長く関心をもってきた」と語る梯さんが今回スポットライトを当てたのは、戦中・戦後という激動の時代を背景に、それでも書くことを選んだ9人の女性作家たち。 石牟礼道子、茨木のり子、島尾ミホ、田辺聖子、辺見じゅん……。 人生を追いかけることで見えてきたのは、彼女たちが父親から受けた大きな影響だった。 目の前で父を惨殺された娘はなぜ、「あの場にいられてよかった」と語ったのか? 自らを高名な作家である父の「犠牲者」だと語る娘は、なぜ父と同じ作家になったのか? 時代に先駆けて「女の自立」を説いた父の教えを貫いた娘がいれば、老いた父を嫌悪しながら家族を養い続けた娘もいた。 そうした凄絶な父娘関係を、彼女たちはいかに生き、いかに書いたのかーー。 今回コトゴトブックスは、『この父ありて 娘たちの歳月』に、窪美澄さんとの対談動画を添えてお届けしていきます。 窪さんの最新作『夏日狂想』もまた「書く女」の一生を描いた作品。 文化花開く大正時代を広島の女学生として過ごした礼子が、女優を夢見て上京し、詩人や評論家、作家との激しい恋の果てに、自らも「書く」ことで自分の人生と、女性の新しい生き方を切り開いていきます。 長谷川泰子や坂本睦子、林芙美子を主人公のモチーフにしていて、彼女たちが生きた時代や、家族、恋人関係がリアリティをもって描かれています。 本作執筆にあたって、窪さんがどのような取材や事前研究を重ねたかも興味深く、梯さんとの対談の重要なテーマになりそうです。 「書く女」というキーワードを下地に展開されていく二人の対話によって、ひとりでは味わえない読書体験を得ていただけたらなによりです。そしてふたたび本を手にしたとき、あらたな気づきを得ていただけたら、そんなに嬉しいことはありません。 ★動画単品のお求めはこちらから https://cotogotobooks.stores.jp/items/635b3b795988dc7b48963ea8 【ご購入後の流れ】 ・書籍はレターパックライトでお送りいたします。発送から到着まで中2日ほどかかりますことご了承下さい。 ・動画視聴方法はメールでお送りいたします。 【動画視聴方法】 ・PC、スマホ、その他のタブレットからURLにアクセスしてください。 ・動画はダウンロード不可です。ご案内したURLから何度でもご視聴いただけます。 ・URLをお気に入り登録やブックマークに入れて保管してください。 ・視聴期限はございません。繰り返し、本と動画を行き来する読書体験をお楽しみいただけます。 ・二次利用や第三者への譲渡はお控えください。 ・動画に視聴期限はありません。 hello[アット]cotogotobooks.com からのメールを受信できるように設定してください。

セール中のアイテム