{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

栗原裕一郎さん×大谷能生さん特別対談「リスニング版『ニッポンの音楽批評150年100冊』」

  • 開催日

    指定なし

  • 開始時間

    指定なし

1,100円

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料2%がかかります
※このページは動画のみの販売ページです。 ※購入後に送付されるSTORESからの自動配信メールからは視聴できません。対談動画の視聴URLはコトゴトブックスより購入翌日にメールにてお送りいたします。 【対談動画付き】栗原裕一郎, 大谷能生 『ニッポンの音楽批評150年100冊』ご購入を希望の方はこちらから https://cotogotobooks.stores.jp/items/6188c8bd4e80826c78a44e21 *************** 栗原裕一郎さんと大谷能生さんの共著『ニッポンの音楽批評150年100冊』が、11月19日に立東舎より刊行されました。 「最近はいい音楽批評の本がたくさん出てるよね」 こんな一言をきっかけに、ふたりが音楽を語り出したのは、遡ること2013年4月。 以降、10年近くの歳月をかけ、書籍化を前提にしたトークイヴェントを重ねて語り続けたのは、「日本の音楽」そのものではなく、「日本で音楽がどのように語られてきたのか」を紐解く、音楽批評の批評。 けれど聞けば、448ページという圧巻のボリュームにさえ収めきれなかったエピソードや、紹介しきれなかった音楽本が、なんと倍の量で存在しているとのこと…! 時間をかけて読む醍醐味は絶大。けれど語られるは音楽。やはり耳でも楽しみたい。 聞けば448ページにすら収まりきらず、泣く泣くカットしたエピソードもあるとのこと…!! そこで今回コトゴトブックスでは、本作をさらに深く楽しむために、栗原裕一郎さんと大谷能生さんの特別対談、いわばリスニング版『ニッポンの音楽批評150年100冊』を制作しました。 日本人は、どうやって音楽を語ってきたのか。 その語りをどう見つめ、どんな言葉で語り直したのかー。
書籍と動画を行き来することで、より深い読書体験をお楽しみいただけたらなによりです。 【ご視聴の注意】 ・約1時間半の動画です。 ・動画はダウンロード不可です。 ・視聴期限は設けておりません。ご案内したURLからは何度でも、何年先までもご視聴いただけます。 ・二次利用や第三者への譲渡はお控えください。

セール中のアイテム