{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【サイン本】こうの史代『ぼおるぺん古事記』(一)(二)(三)

1,100円

送料についてはこちら

  • 『ぼおるぺん古事記』(一) ※サイン本ではありません

    ¥1,100

  • 『ぼおるぺん古事記』(二) ※サイン本完売。通常本でのお届けになります。

    ¥1,100

  • 『ぼおるぺん古事記』(三) ※サイン本ではありません

    ¥1,100

※サイン本は完売しました。3巻とも通常本での発送となります。 ※町田康さん×こうの史代さん『口訳 古事記』『ぼおるぺん古事記』特別対談のお求めはこちらから。 https://cotogotobooks.stores.jp/items/64af820bff407e002bbfbdce ※『ぼおるぺん国引き神話』のお求めはこちらから。 https://cotogotobooks.stores.jp/items/64af7e8a925366004519bd19 著者:こうの史代 / 出版社:平凡社 / 発売日:2012年5月25日、2012年9月25日、2013年2月25日 / 単行本:130ページ / ジャンル:コミック ********** こうの史代さん『ぼおるぺん古事記』全3巻が平凡社から刊行されて10年が経ちました。 「天の巻」「海の巻」「地の巻」とそれぞれ名付けられた本作は、古事記の三分の一にあたる天地創生から神武天皇誕生までを描いた漫画作品。 親しみあふれる筆致で数多いる神様すべてを描き分けながら、そこに原文をそのまま省略なしで載せるというコントラストは実に鮮やか。こうの流「絵解き」によって、古事記の世界が絵で動き出すようです。 また、柔らかい絵柄とは打って変わって、巻頭の和綴に直筆でびっしり書かれた原文からは、1300年という月日と対峙する著者の並々ならぬ気迫が漂ってきます。 なにより特徴的なのは、漫画を描く際によく使われる付けペンやスクリーントーンなどを一切使用せず、全編ボールペンのみで描かれている点です。 これには、古事記が成立した1300年前を生きていた人に向けた、こうのさんの思いもありました。 〈原文に親しむにつれ、普段使っている付けペンではなく、もっと身近な筆記用具で描いてみたい、と思うようになりました。固有の文字をまだ持たない国の言葉を記す事は、いかに大きな挑戦であったでしょう。千三百年の間に、文字だって絵だってこんなに簡単に記せるようになりましたよ、と報告したくなったからです。〉 いまなお版を重ねている本作ですが、完成から10年という節目の年に改めてみなさんにお届けします。 ぜひ、こうのさんがボールペンで描く古事記をお楽しみください。 【購入後の流れ】 ・商品はスマートレターで発送します。発送完了メール受信後、到着まで中2日程度かかりますことご了承下さい。なお、郵便局の営業日に基づき、土日祝日の配達はありません。

セール中のアイテム